28日使用で乳首の気になる黒ずみをピンクにする方法。

どうして乳首がピンクでなく黒くなる?乳頭乳輪が黒いと硬そう、遊んでそうにみえる等など。
ユークロマプラスは美白クリームとしてデリケートゾーンにもよく使われています。

この「28日で黒い乳首をピンク」にするとは、あくまでの皮膚の新陳代謝が目安となっています。
28日位の周期で皮膚の入れ替わりがおきるので、同時に医薬品として扱われている美白クリームを利用しての、気づいている人には嬉しい少し変わった美の追求になります。
特に若い人ならば代謝も早いため効果をより早く感じる事が出来るはずです。

代謝により明るい色合いへの漂白効果は科学的な

可愛らしい肌色が得られる理由は、ユークロマプラスクリームはメラニン色素を抑え、黒ずんだ部分の代謝を高速化し若い肌と入れ替わりが行われます。これは既にたくさんの実験より科学的に肌の色合いを明るくしてくれる効果です。
乳首の色がピンクであると「乳首の大きさや色調」はバスト全体のバランスが良くなり美しく見せるてくれます。
乳首をピンク色にすることで可愛らしく美しいバストトップはいかがでしょうか。

貴方の乳首は何色ですか?

ユークロマプラスはお顔のシミ取り、ニキビ除去では有名ですが、色濃くなったデリケートゾーンの美白にも有効なのをご存知ですか。

このように、乳首をピンクにする効果、方法はあまり知られていないようです。

デリケートゾーンの話なので友人同士でも口コミになりにくいのでしょう。
美容クリニックでも処方されており、効果証明がある医薬品です。

ユークロマプラスは公式サイトでピンクの乳首に

乳首美白などあらゆる肌に有効なユーロクマプラスとは?

ユークロマプラスに配合の成分(トレチノイン)は、
入れ墨の除去へも使用されるほど強力な成分が配合された医薬品のクリームです。
流石に入れ墨になると完全に除去は他の薬剤や施術との併用になりますが、乳頭乳首など皮膚が薄いデリケートゾーンなどならばユークロマプラスだけでも薄くする事は可能です。

デリケートゾーンもお顔も同じ皮膚ですので得られる効果は同じですね。

一般的なユークロマプラスの使用法の説明もありますが(URL:ユークロマプラスについて)、乳首などのデリケートゾーンへの使用が出来ます。
*美容クリニックでも処方されている同成分のクリームです。

Case1:

乳首への使用前後
ユークロマプラスクリーム 使用前、使用後

Case2&3:

ハイドロキノン&トレチノイン使用例
ハイドロキノン&トレチノイン使用例

美容クリニックでもユークロマプラスと同じ「ハイドロキノン」「トレンチノイン」を配合したクリームやパウダーが一般的に処方されます。

これらの成分を一つの合体したクリームが「ユークロマプラス」です。

角質を除去し、ピーリング効果が強い「トレチノイン」成分は乳首などのデリケートゾーンには0.025%から初めて見ましょう

ユークロマプラスがSNSで話題


濃度が濃いトレチノイン単体の製品も販売されていますが、高濃度ですと反応が強いので下着の擦れなどが痛みを強くする可能性があります。

ユークロマプラスの配合成分とそれぞれの主な効果

成分名配合量作用
ハイドロキノン4% シミの生成を抑える(市販品でも入手できる成分)
トレチノイン0.025%シミの角質を除去(薬局等では入手できない医薬成分)
モメタゾンフランカルボン酸0.1%炎症、痒みを抑える

効果詳細はこちらもどうぞ:ユークロマプラスの効果的な正しい使い方!

美白効果たっぷりなら三越屋
ユークロマプラスの価格詳細はこちらから

厚労省が認可している「美白有効成分」12種類の一覧

以下が厚生労働省が日本で販売許可している美白用の薬効成分です。
ユークロマプラスの成分「ハイドロキノン」「トレチノイン」も含まれています。

薬効成分1薬効成分2薬効成分3
・ハイドロキノン・トラネキサム酸・T-AMCHA
・トレチノイン・プラセンタ・D-メラノTM
・ビタミンC誘導体・4MSK(リノール酸・ルシノール)・カモミラET
・アルブチン・PCE-DP・コウジ酸

「トレンチノイン」は単体でも高濃度の製品も販売されています。
ですが効果もそうですが刺激も比較的強いため、特にデリケートゾーンにはユークロプラスのようなトレンチノイン濃度が比較的低めの製品のご利用をお勧め致します。

なぜ、乳首の色は濃くなるのでしょうか?

色黒だから?

乳首の黒ずみは「遺伝」や「体質」があります。必ずしもではないですが、もともとが地黒な方は先天的に色素が濃くい場合もあります。
ですが、実は様々な要因で後天的に色が濃くないっているよ人も多いようです。
乳首やその周辺の皮膚の新陳代謝があまり活発でなかったり、女性ホルモンや衣服の刺激によっても黒くなるようです。
ちょっとした注意により大切な所が可愛らしい色合いから遠のく事も避ける事もできますし、今からでも、ユークロマプラスのような効能が証明されている「医薬品」ならばお手軽にストレスがなく処置が出来ます。
薬の効果で乳首の新陳代謝を活発にしてあげればピンク色に一歩近づけます。

思春期以降に乳首の色が濃くなる場合

思春期以降に乳首の色調が濃くなる原因は幾つかの原因が有ります。

・思春期以降の女性ホルモンの影響
・下着の摩擦が気にならない程度の軽度ですが繰り返され事で炎症し色素沈着を起こす。
などがあります。

または、幼いころにサイズの合わない下着をつけての活動などで軽微な炎症後が積み重なり、色素沈着が起きたりもします。敏感で繊細な部分なので小さな事象でも意外に影響が大きいのです。

また、紫外線が衣服を透過して影響をしています。
衣服の素材によっては下着の下へも紫外線対策を透過する事もあります。

幼い頃は気にはならなかった小さな事が、お隣になり色や形が気になるころには蓄積した影響を目の当たりにする事になるのでしょう。

以下は衣服の紫外線カット率です。目安としてください。
夏物の衣服は意外と紫外線をカットしませんね。

素材
紫外線・カット率
レーヨン96%
ポリエステル90%
シルク84%
コットン68%
56%

また、紫外線を通しにくい色は、黒や紺などの暗くて濃い色になります。
*黒や紺等は紫外線を吸収してお肌へ届きにくくなります。

特に日本人のような黄色人種の乳首は濃い色調である傾向があります。

年齢を重ね乳首の新陳代謝が遅くなる

乳首が黒ずんでくる原因としては、年齢とともに新陳代謝が遅くなる。
しかし、乳首に関しては年齢とともにメラニン色素の生成が抑えられてくることで、最終的にピンク色に変化していく傾向になります。

ですが、やはり新陳代謝は衰えていますのでユークロマプラスのようなクリームの利用がお勧めです。

妊娠や出産に伴い

妊娠、出産


妊娠や出産においてメラニン色素細胞が刺激され色素沈着が起きやすくもなります。
また、授乳時において赤ちゃんの体を保護ためにもメラニン色素細胞が多く発生し乳首の色が濃くなります。

このように、メラニン色素の細胞へ沈着は進みますが、新陳代謝がゆっくりで濃い細胞が残ってしまうようです。

乳首の黒ずみシミ取りと異なる施術との比較

科学的にも証明されているお肌の黒ズミの除去法には幾つかの方法があります。
美容系の技術も日々進化しておりますが、新しい技術は確認されてない不具合やデメリットがあったり、費用面でも大きかったりします。
ある程度、歴史があり安定した方法での施術となりますと以下が一般出来でしょう。

技術危惧する点費用
ケミカルピーリングユークロマプラスのような薬用クリームを使用。
長期間使用する必要があります。
非常に安価
タトゥー(白、ピンク)即効性がありますが、色調が不自然になりやすい。
痛みが伴う。
比較的高価
レーザ処理作用が強力なので効果は高いが、形が崩れたり、傷が残るなど、問題があった場合の後遺症の危険性が高い。
あた、斑(まだら)に色が落ちてしまう場合がある。
高価

どちれも一長一短があり、簡単に比べるのは難しいかもしれませんが、効果が高いモノはリスクもコストも高いようですね。
本当にお金に余裕がある人は口コミ人気が高い(人気があればそれだけ高額医療)クリニックに全てお任せ出来れば

ユークロマプラスの補足説明

詳細補足説明:ユークロマプラスの効果的な正しい使い方!

ユークロマプラスはお肌の状態を整え、本来の状態に戻してくれるクリームタイプの塗り薬です。

ユークロマプラスに配合されている「トレチノイン」

ユークロマプラスに配合されているトレチノインは、もっとも強い効果でお肌の表皮角化細胞を増殖させ、表皮のターンオーバーを速める事により、表皮内のメラニン顆粒を排出する作用がある。
ターンオーバーが早まると角質の乖離(ボロボロ落ちる)が継続し本来のお肌の色が現れます。
*ターンオーバーについては以下で確認してください。

お肌の代謝(入れ替わり)高速で行われるようになります。

トレチノイン単体での使用は注意

ユークロマプラスに配合のトレチノインは強力なターンオーバ作用があります。
トレチノインが0.1%配合などのクリームも販売されていますが、デリケートゾーンへは効果(刺激)が強すぎるかもしれません。
お肌の強さなどの個人差がありますが、高濃度になると多くの方は痛みに耐えられないはずです。

この点、ユークロマプラスは一般的で安心してご利用いただける濃度ですのでが、もっと、高濃度が良いと言う方は、先ずは0.05%のクリームから徐々に濃度を上げるしかありません。

ターンオーバーの作用とは

表皮の細胞は皮膚の一番深い層(地底層)で生まれてから、徐々に皮膚の表面へ押し上げられてきます。これがやがて角質となり、最後は垢となって皮膚から剥がれます。

この一連の流れが皮膚のターンオーバーと言います。 通常は約4週間周期で繰り返されます。(28日)

ユークロマプラスはターンオーバーを強力にサポートします。

ユークロマプラスはターンオーバーを強力、高速にサポートします。

古い、黒ずみの皮膚を素早く代謝(入れ替える)させます。

皮膚深くにあるメラニン色素を排出できる成分(トレチノイン)

多くの皮膚のシミは、表皮の地底層にあるメラニン色素が付着しています。
これは乳首においても同様です。
地底層にはメラノサイトと呼ばれるメラニンを作る細胞があります。
ユークロマプラスには、このメラニン色素を新しく作る量を減らす働く成分が含まれています。

ユークロプラスには2つ成分+1補助成分(デリケートゾーンには重要)

ユークロマプラスには「ハイドロキノン」と「トレチノイン」の成分が含まれ、「トレチノイン」にはターンオーバーを速める作用があります。
*成分ハイドロキノンは美白効果はありますが、ターンオーバーを速める効果はありません。

また、補助的に配合されています「モメタゾンフランカルボン酸エステル」には炎症を抑える働きがありますので、女性の敏感部分を保護してくれます。

乳首へのユーロクマプラスの塗布後の経過

塗布を始めると2,3日ほど経つと塗ったところと、その周辺から皮膚ばボロボロと剥け始めます。
お肌の弱い方は紅くなったり、刺激を受けるとヒリヒリする場合もあります。
この反応はトレチノインを使用すると出てくる反応ですので反応が強い場合は一時中断し使用間隔を調整してみてください。

刺激を強く感じる場合は保湿クリームや化粧水で薄めてお使いください。

皮がむけ始めても無理にむかず、自然にはがれ落ちるのを待ってください。

日ごろ、乳首が乾燥しやすい方は化粧水などで小まめに水分補給をして下さい。
油分の多いクリームのとユークロマプラスの併用では効果が半減する可能性があります。
ビタミンC誘導体(配合)の化粧水を使用なども考慮に入れると良いでしょう。

乳首への使用上の注意

ユークロマプラスを使用中はお肌が大変敏感で乾燥しやすくなっています。
活動時はユークロマプラスを使用せず保水クリームなどを塗るなどで保護すると良いでしょう。
活動時には下着等の刺激を受けるますので、刺激を受けないような工夫が必要でしょう。
また、彼氏との行為時にも痛みを受けやすいので事前に説明は必須です。

トレチノインがいかに乳首に効果あるのか?

トレチノインの皮膚(乳首)への作用は以下のようになります。

  • 角質をはがす。(効果が高く発揮されますと皮膚がボロボロ落ちていきます。)
     塗布後、2,3日経つと皮膚がボロボロとむけ、赤くなってきます。
  • 表皮の細胞の分裂、増殖させことで皮膚の再生を促します。
  • 皮脂腺と皮脂分泌を抑える働きがあります。
  • 皮膚全体でコラーゲンの分泌を高め、長期使用で皮膚の張り、小じわの改善になり形の良い状態になります。
  • 表皮内でのヒアルロン酸などの粘液物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくします。

乳首への基本的な使用方法

ユークロマプラスの使用中は皮膚の抵抗力が弱くなります。ですので、特にデリケートな乳首への使用は、無理なく少しずつ経過をみながらご使用ください。

少しでも違和感や不安を感じる場合は、まずは利用を止めて様子を観察してください。

  1. 入浴時は垢すりなどで擦らないように、石鹸を泡立てて優しく洗ってください。
  2. 化粧水など刺激の少ないモノで適度に保護してください。
      油分が多いと効果が半減の場合があります。
  3. ユークロマプラスを綿棒などで薄く塗り、乾かします。(1,2分)
     乳首への使用は日中活動をしない時に使用する。
    ・作用が強く感じる場合は1回/日(最大2回/日)。
    ・脱色したい箇所だけに塗布して乳首からはみ出さないようにしてください。
    ・刺激が強い場合は油分の多い化粧水を先に塗るか、使用を中止してください。

ユークロマプラスの効果には個人差があります。

ユークロマプラスは正規ジェネリック

ユークロマプラスの効果は個人差があります。
皮膚の状態や刺激への耐性の程度など個人差が大きい所があります。
比較的に刺激が少ない方法ですが、皮膚の状態によっては塗布した場合に痒み等を伴う場合があります。

初めて使う方は腕の裏辺りでテストを行うと良いでしょう。
問題なければ脱色したい部分に塗布してください。
ユークロマプラスには炎症や痒みの防止成分が含まれていますが塗布前には清潔な状態でご利用ください。

効果、刺激が強い場合の対処

乳頭乳輪への使用ですので、特に敏感の方がいらっしゃいます。
通常は洗浄後に直接にユークロマプラスを塗ります。(油分があるクリームなどを使用しない)
*効果が半減してしまいます。

ですが、強く刺激を感じる場合は化粧水やクリームなど油分のあるもの少量塗り刺激を調整してみてください。

白斑ができないように微調整が必要

白く斑(まだら)が出来ないためにもユークロマプラスを塗る範囲の微調整を行ってください。
個人差によっては部分的に早く濃度が薄くなる箇所がありますので、早く色落ちしてきた部分は塗る頻度を少なくするなどの微調整が必要です。

毎回、いきなり全体に塗るのではなく、全体的に色落ちできるように綿棒などでの塗布箇所の調節も必要です。

ユークロマプラス使用中の注意点

妊婦、授乳中の方は使用しない。

・妊娠する可能性のある方は使用しない(奇形が生まれる可能性がある。)

ユークロマの成分(トレチノイン)は動物実験における大量内服投与によって奇形が生まれる結果が出ています。
この実験は服用の場合で外用の場合は問題がないとされています。

ですが、特に乳首への使用の場合は直接、幼児が口にする事になりますので注意が必要です。

ユークロマプラスが使えない方

皮膚に対して何らかの問題をお持ち、又は過去にお持ちだった場合は医師への相談が必要です。

例:
・アレルギーや過敏症の有る方
(成分:ハイドロキノン、トレチノイン、モメタゾンフランカルボン酸に対して)
・皮膚疾患の有る方(火傷等で皮膚に異常、潰瘍、細菌・真菌・スピロヘータ・ウイルス皮膚感染症および動物性皮膚疾患)
・鼓膜に穿孔(せんこう)のある湿疹性外耳道炎の方

ユークロマプラス使用における副作用

注意点-2

主な副作用には、かゆみ、かぶれ、皮が剥ける、色素沈着の悪化、白斑などがあげられます。

上記記述でも注意をしておりますが、途中経過を注意深く確認してください。
無理なく慎重にお時間をかけてご利用ください。
お薬の反応が強いと感じた場合は利用を中止してください。

もっとデリケートな部分へ

ここではデリケートゾーンとして「乳首」を上げましたが、その他の身体も同じ皮膚ですので考え方は同じです。
ですが、注意して頂きたいのはデリケートゾーンは副作用を強く受ける危険性があり、場所によっては生活に支障をきたす可能性があります。
十分に考慮して使用する箇所を選んでください。

美白乳首への効果的なトレチノインの入手方法

ユークロマとユークロマプラス違い

よく薬局等で購入が可能な成分「ハイドロキノン」クリームに対する間違った記事があります。
Amazonや楽天などでも成分「ハイドロキノン」のみが配合された「ユークロマ(プラスではない)」も取り扱っているようです。

トレチノイン成分が配合された美白クリームは、ドラッグストア及び日本での販売はされていません。
海外輸入代行をご利用で通販入手してください。

ハイドロキノンは、これから出来るシミなどを抑える効果がありますが、積極的に色素を減らす効果はありません。

トレチノインはFDAに認可されたお薬です。日本では認可されていません。
*FDA:米国の日本の厚労省と同等の組織

海外ネット通販代行を経由した場合は、お値段も殆ど変わりませんので「ユークロマプラス」がおすすめです。

シミ・ソバカスへのピーリング効果のクリーム


参考資料:
Tretinoin(トレチノイン)- wikipedia
Hydroquinone(ハイドロキノン)‐ wikipedia
Mometasone(モメタゾン)- wikipedia

ターンオーバー(生物)-wikipedia
ケミカルピーリング-wikipedia
メラニン-wikipedia
チロシナーゼ-wikipedia
雀卵斑-wikipedia